> フットサルの語源は?ポジションの名前は?ルールを簡単に解説! | トレンド速報ニュース

フットサルの語源は?ポジションの名前は?ルールを簡単に解説!

Pocket

フットサル
数年前からブームとなっている「フットサル」

ただのサッカーの縮小版だと思っていませんか?

そもそも、フットサルの語源は?
ポジションの名前や、ルールを知っていますか?

Sponsored Link

フットサルとは?その語源は?

フットサルの起源は二つあります。

一つは、南米を中心に広がっていった「サロンフットボール」
サロンフットボールとは弾まないボールのことで、
1930年にウルグアイで考案されました。

ブラジルでも同様のものが考案され、
南米全域へと広がっていきます。

もう一つは、サッカーの母国でもあるイギリスで誕生した、
「インドアサッカー」

インドアサッカーは壁も使って行われる競技で、
ヨーロッパや、アメリカ、オーストラリアなどに広がっていきました。

こうしたミニサッカーが世界中に広まっていきましたが、
ルールや名称が国によって様々でした。

そこでFIFAがルールの統一をして、
1994年、「フットサル」と正式に競技名を決めました。

このフットサルの語源ですが、
スペイン語のFutbolポルトガル語のFutebol
室内を表すSalaSalao

これらを合成して略したのが「フットサル」です。
意味は「室内で行うサッカー」となります。

Sponsored Link

フットサルのポジションの名前は?

フットサルのプレイヤーは最大で5人まで。
そのポジション名は全てポルトガル語です。

▼ゴレイロ
ポルトガル語で「ゴールキーパー」を表します。
反射神経と判断力が求められるポジションです。

▼フィクソ
ポルトガル語で「舵取り」を表します。
サッカーでのディフェンダーに当たります。

▼アラ
ポルトガル語で「サイド」を表します。
サッカーでのミッドフィルダーに当たり、
最もボールタッチが多いポジションです。

▼ピヴォ
ポルトガル語で「軸、中心」を表します。
サッカーでのフォワードに当たります。

フットサル2

フットサルのルールを簡単に解説!

サッカーとは似て非なる競技、フットサル。

当然、ルールもサッカーとは違ってきます。
そこで初心者でも分かる簡単なフットサルの基本ルールを解説していきます。

▼フットサルのプレイヤー数
・プレイヤーはゴールキーパーを含めて5人まで。
・交代要員は最大7人。国際Aマッチでは最大10人。
・交代の回数は制限されない
・交代ゾーンに入ることで、プレー状況に関係なくいつでも交代できる。

▼シューズ
・スパイクは使用できない。
・トレーニングシューズ、体育館用シューズ、
フットサル専用シューズであること。

▼試合時間
・前後半20分、合計40分。
・前後半一回ずつ、1分間のタイムアウトがとれる。
・時間内に決着しなければ延長戦。延長戦はタイムアウトができない。
・延長戦でも決着しなければPK戦。

▼インプレーとアウトオブプレー
・インプレー=ゲームが動いている状態。
・アウトオブプレー=ゲームがゲームが止まっている状態。

▼4秒ルール
・様々な場面で4秒位内でアクションを起こさないといけない。
例 セットプレー時
  ゴールキーパーが自陣内でボールを持っている時など

▼キックイン
・ボールがタッチラインを超えた時に行う。サッカーで言うスローイン。
・タッチライン上にボールを置いて蹴る。
・直接シュートしても得点にはならない。

▼天井にあった場合
・天井に当てたチームの敵側ボールとして、
一番近いタッチラインからキックインする。

▼ゴールクリアランス
・サッカーでのゴールキック。
・キーパーは手でボールを投げないといけない。

▼スライディング
・ボールに向かってのスライディングは反則にならない。
・ローカルルールでは禁止している所もある。

▼バックパス
・見方からのパスを手で扱うことはできない。
・キーパーが出したボールは、相手選手が触らない限り、
キーパーに戻すことができない。

フットサル3

以上がフットサルの基本ルールになります。

全てのルールを説明することはできないですが、
これらのルールを押さえておけば、
フットサル初心者でも困らないでしょう。

フットサルは競技スペースが狭いため、
サッカーと違い、接触行為はファールを取られやすいです。

この辺りは、ある程度のなれが必要になってくると思います。

割りと気軽に初められるスポーツ、フットサル。
ルールをしっかりと把握して、日頃の運動不足を解消してみませんか?

Pocket

[スポーツ]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ