> 灘のけんか祭り!豪華絢爛な神輿をぶつけ合う天下の奇祭! | トレンド速報ニュース

灘のけんか祭り!豪華絢爛な神輿をぶつけ合う天下の奇祭!

Pocket

灘
日本にけんか祭りは数あれど、
ここまで激しい祭りはないのでは。

そう思わせるだけのインパクトが有るのが、
「灘のけんか祭り」

兵庫県姫路市白浜町で開催される、
この独特な祭りを、詳しく調べてみました。

町と祭りの風習を知ることで、
より一層、このお祭りを楽しむことができますよ。

Sponsored Link

灘のけんか祭りとは?

灘のけんか祭りは、
兵庫県姫路市白浜町の八幡松原神社で行われる、
「松原八幡神社秋季例大祭」のこと。

このお祭りの通称が「灘のけんか祭り」と呼ばれています。

毎年10月14日(宵宮)10月15日(本宮)の二日間行われ、
このお祭を見ようと、15万人以上の観客が訪れます。

兵庫県と姫路市の重要無形民俗文化財にも指定されている、
歴史あるお祭りです。

灘のけんか祭りが行われる例祭地域は、
兵庫県姫路市の南東部、海岸地域。

この地域の内、灘地区と呼ばれる、
東山(旧東山村)、八家(旧八家村)、木場(旧木場村)、
白浜町(旧宇佐崎村、旧中村、旧松原村)、飾磨区妻鹿(旧妻鹿村)

の各地域合同で開催されます。

村が7つあったことから、
旧7ヶ村とも呼ばれていて、
祭りと深い関わりを持っています。

Sponsored Link

灘のけんか祭り 祭礼の流れは?

○宵宮 10月14日

朝の9時頃から、旧7ヶ村にそれぞれ1基づつある「屋台」を、
蔵から出します。

この屋台は、「祭り屋台」と呼ばれるもので、
神輿と同じように担ぎます。

この屋台ですが、全国から取り寄せた、
選りすぐりの鈴木を使用しており、
彫刻から、装飾、漆塗に至るまで、超一級品の出来になっています。

また、それぞれの村ごとに装飾が異なっているため、
その違いを楽しむのも、灘のけんか祭りの見所の一つです。

灘1

蔵から出た屋台は、自分の村を一巡した後で、
宮入りのため、松原八幡神社を目指します。

宮入りする順番は決まっていてい、
東山、木場、松原、八家、妻鹿、宇佐崎、中村の順に宮入りします。

宮入りが終わったら、いよいよ灘のけんか祭りの本番開始です。

それぞれの村の屋台同士をぶつけ合う、「練り合わせ」が行われます。

村の意地と意地がぶつかり合うさまが、
神社の境内を初め、いたるところで見られます。

この練り合わせは、日が暮れるまで続き、
各屋台には、電飾や提灯が灯されて、
それぞれの蔵へと帰路につきます。

○本宮 10月15日

本宮は早朝の「露払い」から始まります。
松原地区の獅子檀尻が八幡神社境内内で、
浄めの義を執り行います。

同じ頃、練り番(その年に神輿を担ぐ当番。旧7ヶ村の輪番制)となった村は、
早朝に海に入って身を清める「潮かき」を行います。

その後、練り番になった村を覗いて、
屋台を担ぎ順番に宮入りをしていきます。

最後に、練り番を担当する村が、
3本の神輿幟を掲げて宮入りをします。

全ての村の宮入りが終わると、
いよいよ神輿が担ぎ出されます。

この神輿は3基あり、それぞれに神様が乗っています。

・一の丸…応神天皇
・二の丸…神功皇后
・三の丸…比咩大神(ひめおおかみ)

この3基の神輿が拝殿から担ぎ出されると、
灘のけんか祭りは激しさを増していきます。

まずは境内内で、神輿3基、屋台6基が、
入り乱れながら練り合わせをします。

ひとしきり終わると、
松原八幡宮から西へ1キロ程離れた小高い山へ。

そこは「御旅山」と呼ばれていて、
山頂には、段々畑を利用して、
野球スタンドのように観客が埋め尽くしています。

ここで再び各神輿、各屋台が、
練り合わせをやります。

灘3

当然、神輿、屋台はボロボロになっていますが、
そんなことはお構いなしで、
ひっくり返したり、叩きつけたりと、激しい練り合わせが見れます。

こうして日が暮れてくると、
山を下り、それぞれの村へと帰っていきます。

当然、その道中でも、他の村の屋台に出くわせば、
その場で練り合わせをしていきます。

こうして、熱く激しい二日間が幕を閉じます。

灘のけんか祭り 素朴な疑問あれこれ

いかがでしょうか?
これが灘のけんか祭りです。

豪華絢爛に装飾されて神輿や屋台を、
何の躊躇もなくぶつけ合うさまは、
”天下の奇祭”と呼ばれるに相応しいものです。

ここでいくつかの疑問にお答えしましょう。

Q.なんで神輿、屋台をぶつけ合うの?

A.昔、軍船についていたカキを、
軍船をこすりあわせて取ったという故事にならったもの。
ぶつかり合いが激しいほど、神意にかなうとされています。

Q.壊れた神輿や屋台はどうなるの?

A.一年かけて修復します。
それでも損傷が激しいので、
屋台は15~20年に一度、新調されます。

神輿も新調されますが、
新調されるのは担当が旧宇佐崎地区になった時だけです。

Q.竹で突っついているけどアレは何?

A.「ケンゴー」と呼ばれる竹の棒です。
神輿や屋台を支えるのに使用しています。
その竹の先には、旧7ヶ村それぞれの色がつけられています。

・旧東山村 …ピンク
・木場港  …若緑
・舊松原村 …赤
・旧八家村 …黄赤
・妻鹿町  …朱色
・旧宇佐崎村…黄
・旧中村  …青

灘4

日本だけでなく、世界からも注目されている、
灘のけんか祭り。

「死ぬまでに 一度は見ておけ 灘祭り」
と言われるほど、見た人に強烈なインパクトを与えます。

灘地区の人達は、
この祭りのためだけに1年を過ごす人も少なくありません。

その情熱を思いっきるぶつける、
熱く激しい灘のけんか祭り

ぜひ一度観に行ってみてください。

Pocket

[お祭り, イベント]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ