> 舌苔の取り方!簡単でお手軽な除去方法とは?取り過ぎは逆効果! | トレンド速報ニュース

舌苔の取り方!簡単でお手軽な除去方法とは?取り過ぎは逆効果!

Pocket

舌苔1
気になる口臭。

その原因として「舌苔(ぜったい)」と呼ばれる、
舌の表面にある白っぽい付着物がありますが、
これを取り過ぎると逆効果になってしまいます。

舌苔の正しい知識を知った上で、
簡単でお手軽な取り方をすれば、
気になる口臭ともオサラバできますよ。

Sponsored Link

舌苔(ぜったい)とは?

舌苔とはそもそも何なのか?

舌苔とは、
舌の表面に食べ物の残りカスや、
舌の剥がれた上皮細胞が付着しているものです。

舌苔は細菌の塊なので、理論的には体内に入れないほうがいいですが、
舌が正常に働いている証拠でもあるので、本来は何の問題もありません。

「舌の前半分が少し白っぽく後ろのほうが白い」

この状態は極めて正常な状態なので、
全く気にしなくても大丈夫です。

舌苔が白ではなく、黄色っぽい黒っぽい場合は、
以下のような原因が考えられます。

・黄色っぽい舌苔…喫煙が多い。胃が悪くなっている。
・黒っぽい舌苔…高熱や脱水、炎症性疾患、感染症など。

これらの舌苔が見られるようであれば、
一度病院で検査をしたほうがいいでしょう。

問題は、白すぎたり、舌苔の量が多い場合です。
こういう状態であれば、取り除いたほうがいいでしょう。

Sponsored Link

舌苔(ぜったい)の間違った取り方!取り過ぎ注意!

舌苔をいざ除去しようとして、
間違った方法で取ってしまうと、
逆に舌を痛めたりしてしまいます。

よくやりがちなのが、
歯ブラシでゴシゴシと舌の表面をコスってしまうこと

これは舌の表面を傷つけてしまい、
最悪、味覚センサーをも痛めてしまいます。

市販されている舌ケア用専用ブラシを使うようにしましょう。

また、舌苔を取り過ぎてしまうと、
逆効果として、口臭がひどくなってしまう場合があります。

舌苔を取り過ぎることによって、
生体反応が過敏に働き
より早く、より多くの舌苔が生成されてしまいます。

他に、全く舌苔が付着しなくなるケースもあります。

上記のような症状が出た場合は、
舌苔を取り除くのを止めて
正しいケアをしていくことが必要です。

舌苔(ぜったい)の簡単でお手軽な取り方!

気になる舌苔の取り方ですが、
簡単でお手軽な方法を二つ紹介します。

○舌を上あごに押し付ける
舌を上あごに押し付けて、
舌表面をゴシゴシとこすりつけます。

この方法は、舌苔を取り過ぎることなく、
また、舌を傷つけることなく舌苔を除去できます。

目安として、変な味が無くなるまで、
数回行ってみてください。

「はちみつ」を舐める
これが一番簡単でお手軽な方法ですが、
市販されているはちみつを、
小さじでひとすくい、舌に乗せて転がします。

はちみつにはタンパク質を溶かす性質がありますが、
舌苔も溶かしてくれます。

健康食品としてもはちみつは知られているため、
舌苔の除去と健康促進、両方の効果を得ることが出来ます。

Sponsored Link

舌苔(ぜったい)の正しいケアのやり方

舌苔を増やさないためのケアの方法として、
・水分を多く取る
・咀嚼(そしゃく)回数を増やす
・よく舌を使う(よく噛む、よく喋る)
・規則正しい生活をする

などがあります。

舌苔は本来は体が健康である証拠なので、
変に過敏に反応するのは逆効果になります。

口臭の原因の一要素に過ぎず、
舌苔を除去したからといって、
口臭が無くなるわけではありません。

間違った情報に踊らされず
正しいケアをしていきましょう。

Pocket

[美容・健康・医学]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ