> 大曲の花火大会!ツアー参加はバスがお得!?花火師ワールドカップ! | トレンド速報ニュース

大曲の花火大会!ツアー参加はバスがお得!?花火師ワールドカップ!

Pocket

大曲
秋田の大曲で行われる、
全国花火競技大会「大曲の花火」

全国の花火師がこの日のためだけに作った、
腕によりをかけた花火を見るため、
全国から数多くん観光客が駆けつけます。

これだけの大規模な花火大会。
ぜひ観に行ってみたいと思いませんか?

Sponsored Link

大曲の花火大会とは?

大曲の花火大会は、
明治43年(1910年)から続く全国花火競技大会

花火を作った本人自らの手で花火を打ち上げるという、
最も権威ある大会に位置づけられています。

その証拠に、最も優秀な花火を打ち上げた花火職人には、
「内閣総理大臣賞」が授与されます。

毎年8月の第四土曜日に行われる大曲の花火大会。

今年は8月22日に開催されます。

大曲1

大会は2部構成で行われ、
・昼花火の部 17:30〜18:15
・夜花火の部 18:50〜21:30

となっています。

大曲の花火大会の種目は3部門あり、
“昼花火”“10号割物”“創造花火”と別れていて、
その内、夜花火の部で打ち上げられる、10号割物、創造花火が、
内閣総理大臣賞の審査対象となります。

全国から30組しか参加することが出来ない大曲の花火大会。

日本一を通り越して、世界一といっても過言ではない、
花火師にとってのワールドカップといった大会です。

Sponsored Link

大曲の花火大会 ツアー参加はバスがお得!?

例年、約80万人ほどの観光客が集う大曲の花火大会。

当日いきなり行っても、
大混雑でとてもじゃないけど会場まですらもたどり着けないでしょう。

また、周辺の宿泊施設は、
花火師や大会関係者が宿を取っているため、
確保することはかなり難しいです。

そうなってくると、
各ツアー会社のツアーに参加して、
大曲の花火大会を鑑賞したほうが効率がいいでしょう。

後は、バスか電車か。

予算に都合がつき、時間的余裕があるのであれば、
2泊3日での電車を利用したツアーが、
観光もできてオススメです。

そうでない場合は、
1泊2日のツアー、もしくは日帰りということになります。

1泊2日のツアーの場合、
電車もバスも、さほど変わりがないです。

それだったら、予算の低いバスツアーを申し込んだほうが、
お得だと思いませんか?

電車だと渋滞に巻き込まれないぶん、
昼花火を観れる確率が高いのは確かですが。

それでも最大の見せ場である、
夜花火の部は全然鑑賞できますので、
バスツアーでも問題ないでしょう。

バスツアーならこちらがオススメ!
クラブツーリズム

本当に大曲の花火大会を観たい人は、
1年前にもう既に宿泊施設を予約するそうです。

つまり、観に行ったその日に予約して来年また来るという事です。
気合が違いますね・・・

後は、現地のキャンプ施設を利用して、
大会期間を過ごす人もいるとか。

確かに、人口4万人ほどの街に、
一気に80万人の観光客が押し寄せてきたら、
色々大変なことになりますよね。

大曲2

他の花火大会とは一線を画す大曲の花火大会
これはぜひとも鑑賞したい花火大会ですね。

Pocket

[イベント, 花火大会]

Sponsored Link

関連記事

このページの先頭へ