> アインシュタインの名言!天才が遺した心に響く言葉たち | トレンド速報ニュース

アインシュタインの名言!天才が遺した心に響く言葉たち

Pocket

名言
「天才とは1%の才能と99%の努力である」

この有名な名言を遺したのが、
アルベルト・アインシュタイン

天才物理学者ともてはやされたアインシュタインですが、
決して自分に驕ることなく、常に謙虚な姿勢を崩さなかった。

そんな彼が遺した数ある名言の中から、いくつかテーマ別にまとめてみました。

Sponsored Link

アインシュタインが遺した名言集:教育編

◇教育とは、学校で学んだことをすべて忘れたその後に残っているもの

◇好奇心が型にはまった教育の後に残っていれば、それは奇跡である

◇私の学習を妨げた唯一のものは、私が受けた教育である

◇教師の究極の技術というのは、
 クリエイティブな表現と知のおもしろさに人を目覚めさせることである

教育というのは、今も昔も、凝り固まった枠の中で、
押し付けられるもの。

自分で考え、自発的に行動して問題を解決できるようにする人間を育てるのが、
教育の本来の姿だと思います。

名言1

アインシュタインが遺した名言集:皮肉編

◇科学はすばらしいものだ。もし生活の糧をそこから得る必要がないのなら

◇世の中で最も理解に苦しむものは、所得税である

◇人間の邪悪な心を変えるより、プルトニウムの性質を変えるほうがやさしい

◇原子を割るよりも偏見を割るほうが難しい

アインシュタインがユダヤ人だったこともあり、
皮肉めいた名言も数多く遺している。

研究者でもあったアインシュタインにとっては、
現実世界は理不尽なことが多すぎると感じていたのでしょう。

Sponsored Link

アインシュタインが遺した名言集:人生編

◇一度も失敗をしたことがない人は、
 何も新しいことに挑戦したことがない人である

◇私は未来のことなんか考えない。だって未来は、すぐそこに来ているのだから

◇人生とは自転車のようなものだ。倒れないようにするには走らなければならない

◇成功のためではなく、価値のある人間になるために努力せよ

◇人の価値というのは、その人が何を与えられるかにあるのであって、
 何を得られるかにあるのではない

◇種を蒔きつづけよ。なぜならあなたはどれが育つかわからないからだ。
 しかし実際には、すべて育つだろう

◇私たちの生き方には二通りしかない。
 奇跡など全く起こらないかのように生きるか、
 すべてが奇跡であるかのように生きるかである

◇昨日から学び、今日を生き、明日へ期待しよう

◇人生における成功をA、仕事をX、遊びをY、
 そして口を閉じることをZとすると、A=X+Y+Zが成立する

◇テーブルとイス、フルーツとバイオリン。
 このほかに、人が幸せであるために必要なものがあるだろうか?

探求者であるアインシュタインにとって、
日々の人生をどう過ごすかというのは非常に大事なこと。

その”生き方”が、これらの名言に集約されています。

名言3

アインシュタインが遺した名言集:才能編

想像力は、知識よりも重要だ。
 知識には限界がある。想像力は、世界を包み込む

◇私に関する限り、これ見よがしの騒がしい徳よりも、無言の不徳を好みます

◇私には特別な才能はない。私にはただ情熱的な好奇心があるだけだ

◇私は、何ヶ月も何年も考え続ける。
 99回、その結論は正しくないが、100回目に正しい答えを出すことができる

◇6歳の子供に説明できなければ、理解したとは言えない

◇あらゆるものはできるかぎりシンプルにすべきである。
 ただ、シンプルにしすぎてはいけない

◇私は頭が良いわけではない。ただ人よりも長い時間、
 問題と向き合うようにしているだけである

◇問題を作り出した時と同じ思考では、その問題を解決することができない

◇大事なことは疑問を持つことを止めないことだ。
 好奇心はそれ自体で存在意義がある

◇ゲームのルールを学ぶこと。そして、誰よりも上手にプレイすること

20世紀最大の物理学者と謳われるアインシュタインですが、
努力の人であったことは間違いないでしょう。

冒頭の名言にもあるように、
努力こそが最大の才能なんです。

名言4

アインシュタインが遺した名言集:哲学編

◇神はサイコロを振らないと私は確信している

◇知識人は問題を解決し、天才は問題を未然に防ぐ

◇想像力は、知識よりも大切だ。知識には限界がある。
 想像力は、世界を包み込む

現実は幻想に過ぎない。非常にしつこいものではあるが

◇重要なことは、疑問を止めないことである。
 探究心は、それ自身に存在の意味を持っている

◇すべての宗教とアートとサイエンスは、同じ一本の木の枝である

◇自分自身の目で見、自分自身の心で感じる人は、とても少ない

情報は知識にあらず

◇限界を認めれば、私たちはその向こうへ行く

◇宇宙について最も理解しがたいことは、それが理解可能だということである

◇仕事の3つのルール。乱雑さからシンプルなものを見つける。
 不和から調和を見つける。困難の中に機会がある

◇「好き」ということは義務よりも優れた教師である

◇学べば学ぶほど、私は何も知らないことがわかる。
 自分が無知だと知れば知るほど、私は一層学びたくなる

哲学者でもあるアインシュタインは、
抽象的な名言も数多く遺しています。

名言1

アインシュタインが遺した数々の名言。

それらの言葉から、何を感じ、何を学ぶか

その日によって、感じることが変わってくるでしょうが、
新しい学びがある瞬間でもあります。

親日家でもあったアインシュタインは、
約1ヶ月ほど日本に滞在していたことがあります。

また、手紙好きでもあり、
一万通もの手紙のやり取りをしていたとされています。

そんな隠されたアインシュタインの素顔を、
数々の名言の中から垣間見るのも、楽しみの一つかもしれません。

Pocket

[雑学・知恵袋]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ