> 赤川花火大会2013特別観覧席は入手困難!?穴場スポットは? | トレンド速報ニュース

赤川花火大会2013特別観覧席は入手困難!?穴場スポットは?

Pocket

赤川1
この夏、各地の夜空を色とりどりに彩る花火大会。

その中でも、東北の夜空を染める花火大会の中で、
一際注目されているのが、「赤川花火大会」です。

なぜなら、赤川花火大会は、
花火職人が技術を競い合う、
全国デザイン花火競技会でもあるからです。

Sponsored Link

赤川花火大会2013特別観覧席の入手方法は?

今年開催される赤川花火大会は、
8月17日に行われます。

時間は18:00~21:15終了予定。
赤川河川敷(三川橋から羽黒橋)が大会会場となります。
JR鶴岡駅から、徒歩15分の所です。

全国でもトップクラスの花火職人が集合して、
その技術をいかんなく発揮した花火が見れるとあって、
人気のある花火大会となっています。

毎年、特別観覧席を公式サイトで販売していて、
今年は6月21日~7月19日でした。

・桝席(ますせき 定員6名)
SA席…20000円
S 席…15000円
SB席…12000円
B 席…8000円

・カップル席(定員2名
SC席…12000円
C 席…8000円

・ファン席(自由席 3歳未満無料)
F 席…2000円

赤川

一度、特別観覧席を申し込むと、
翌年から優先して申し込めるようになるため、
一般販売が開始される頃には、売り切れている場合が多いです。

じゃあ特別観覧席を申し込めない人はどうするか?

これは花火大会ではおなじみ、
穴場スポットで鑑賞するしかないでしょう!

Sponsored Link

赤川花火大会2013穴場スポットはどこ!?

赤川花火大会の最大のウリは、
赤川河川敷の両岸を最大限に利用した、
最大打ち上げ幅700mというそのワイド感でしょう。

花火職人の技術の粋を集めた花火の共演は、
感動して涙をながす人もいるほどです。

赤川2

そんなスゴイ赤川花火大会。

特別観覧席を取れなくて、
見れないなんでイヤですよね?

そこで、オススメの穴場スポットを紹介します!

・赤川を挟んで、鶴岡市街の反対側、
羽黒町押口、細谷、赤川、三ツ橋近辺


大きな地図で見る

車できても駐車スペースがあり、
人もあまりいないため、かなりオススメの場所です。

・第五小学校のグランド
こちらは小さいお子さん連れの方にオススメ。


大きな地図で見る

▽煙があまり来ない
▽迷子になる心配がない
▽混雑を避けられる
▽場所取りが簡単

など良い事ずくめです。
もちろん花火の眺めも最高です。

・会場左側の橋を渡り、左側の有料駐車場
天候や風向き次第ですが、一番いいスポットになります。

ちょっと運が絡んでしまうのが難ですが、
会場に近くて、混雑を避けられるのならば、
十分贅沢な場所です。

特別鑑賞席を取れなくても、
穴場スポットで赤川花火大会を楽しみましょう!

持ってきたゴミなどはキチンとゴミ箱に捨てましょう。
ポイ捨てはダメですよ!

Pocket

[イベント, 花火大会]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ