> 仙台七夕祭り!花火と一緒に楽しめる!イベントの見どころは? | トレンド速報ニュース

仙台七夕祭り!花火と一緒に楽しめる!イベントの見どころは?

Pocket

仙台
東北三大祭りの一つとして数えられる、
「仙台七夕祭り」

前夜祭で行われる、
「仙台七夕花火祭」とセットで楽しめるお祭りとして、
人気を集めています。

本番となる七夕祭りの見どころは?

Sponsored Link

仙台七夕祭り!その歴史は?

仙台七夕祭りは、
8月6日~8月8日まで開催されます。

その最大の特徴は、
豪華絢爛な笹飾り

仙台市の商店街を中心に、
様々な笹飾りが飾られ、
街は七夕一色となります。

その歴史は江戸時代からと言われていて、
時の仙台藩祖、伊達政宗公が文化向上の目的で、
七夕を奨励したのがはじまりとされています。

その後、景気の悪化に伴い縮小、
第一次世界大戦終戦後に、現在の形、
8月6日~8月8日に商店街に飾り付けをする七夕祭りとして復活します。

仙台2

しかしそれも、
第二次世界大戦の影響で縮小となり、
終戦後の1947年(昭和22年)
昭和天皇巡幸の際、5000本の竹飾りを沿道に飾り、
大規模な復活をとげました。

紆余曲折の歴史をたどってきた、仙台七夕祭り。

商店街に飾られた豪華絢爛な笹飾りが、
風に揺られてきらびやかに注ぐ姿は、
他のお祭りとは違った、風流を感じますね。

Sponsored Link

仙台七夕祭りの日程とイベントの見どころは?

仙台七夕祭りの最大の見所である、
街中に飾られる笹飾り。

8月4日の早朝から、
長さ10メートル以上もある巨大な竹を山から切り出し、
各商店街で飾り付けの準備を始めます。

この飾り付けの内容は、
当日まで企業秘密となっていて、
8月6日の朝8時から本格的な飾り付けが行われます。

8月6日の午後には各商店街で審査が行われ、
金、銀、銅の各賞を受賞した飾りには、
プレートが付けられまます。

元々は飾り付けられた飾りを眺めるだけのお祭りでしたが、
あまりにも味気ないということで、
観光客を満足させるために、
付随イベントが開催されるようになりました。

仙台七夕祭り付随イベント

・星の屑まつり
本祭りが開催されている3日間、
定禅寺通りで、17:00~19:30に行われるパレード。

・夕涼みコンサート
本祭りが開催されている3日間、
勾当台公園の音楽堂で行われる無料の野外コンサート。
昼から夜まで続き、最大の盛り上がりを見せる。

・七夕ヴィレッジ
本祭りが開催されている3日間、
勾当台公園の時の広場(円形公園)の出店ブースおよびステージの総称。
夕涼みコンサートと同様に、昼から夜まで開催され、
ラジオの公開録音やミニライブなどのイベントが行われる。

・瑞鳳殿(ずいほうでん)七夕ナイト
本祭りが開催されている3日間、
伊達政宗らが祀られている霊廟、
瑞鳳殿で行われるイルミネーションイベント。

参道から境内まで竹灯籠が吊るされ、
幻想的な空間を演出する。

各商店街で飾られている、
巨大な笹飾りを眺めるのもいいですが、
付随イベントで、夜の仙台七夕祭りを楽しむのも粋なものです。

七夕

仙台七夕祭り!七夕の飾りの意味とは?

仙台七夕祭りでは、
7種類の七夕飾りが飾られます。

それぞれの飾りには、
意味があります。

・短冊…学問や書道の上達
・紙衣…病気や災厄の魔除け、裁縫の上達
・折鶴…家内安全と長寿
・巾着…富と貯蓄、商売繁盛
・投網…豊魚、豊作
・くずかご…清潔と倹約
・吹流し…織姫の織り糸

仙台七夕祭りでは、巨大な吹流しに目がいきがちですが、
他の6種類の飾りも、実は仙台市のアチコチで飾られています

立ち寄った際には、
どこに飾られているかを探しながら、
仙台七夕祭りを楽しむのもいいのでは?

仙台1

東北三大祭りの一つですが、
青森ねぶた祭り秋田竿燈まつりのような派手さはなく、
どちらかと言えば、夏の風流をじっくりと噛み締める
そんな楽しみを持っている仙台七夕祭り。

ひと味違った夏祭りを楽しむためにも、
一度足を運んでみてはいかがですか?

⇒仙台七夕祭り公式サイト

Pocket

[お祭り, イベント]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ