> 初盆とは?香典の金額はどれくらい?表書きの書き方は? | トレンド速報ニュース

初盆とは?香典の金額はどれくらい?表書きの書き方は?

Pocket

初盆
初盆はいつか?

お盆のしきたりや風習といったものは、
その地方や、家庭によって様々です。

ですが、基本的なしきたりは、
社会常識として知っておいたほうが良いでしょう。

今回は初盆の基本的なしきたりを紹介します。

Sponsored Link

初盆とは?いつまでに亡くなった人?

初盆とは、
「忌明法要(きあけほうよう)を勤めた後に、最初に訪れるお盆」
のことを指します。

忌明法要(きあけほうよう)とは、
いわゆる49日の法要のことで、
これを済ませているかどうか?です。

あの世に逝って、初めて帰ってくるのが初盆です。

亡くなってから49日間は、
この世とあの世の間をさまよっている状態で、
49日を過ぎてようやくあの世に旅立てます。

一般的なお盆である、8月13日~16日で考えると、
6月25日までに亡くなった人が、
今年「初盆」を迎えることになります。

6月26日以降に亡くなった人は、
来年「初盆」を迎えます。

また、一部地方では、
7月13日~16日をお盆としているところもあり、
この場合は、5月25日までに亡くなった人が、
今年「初盆」を迎えることになります。

ただ、この49日の法要を、
ご親族や、喪主、僧侶の都合などで、
日程変更をすることが実は珍しくありません。

早めに済ませた場合は、
上記例に当てはまらず、
初盆を迎えることもありえます。

この辺りはよく相談して決めるといいでしょう。

Sponsored Link

初盆の香典の金額は?

初盆の場合のみ、お伺いするときに香典を包みます。

一体いくらぐらいがいいのか?

亡くなった方とどれぐらい親しかったかにもよりますが、
5000~10000円が相場だと言われています。

お供え物を持参した場合は、
香典の金額は少なくても構いません。

地方によっては、お供え物だけで済ます場合もあります。
この辺りも、周囲の方と確認をとるようにしたほうがいいでしょう。

香典返しは、2000円~3000円ほどでいいでしょう。

香典

初盆の表書きの書き方は?

初盆での表書きは、
品物や用途によって変わってきます。

・仏様にお供えする物…「御供」の表書き。
・仏様に贈るお金…「御仏前」の表書き。
・初盆の提灯台…「御ちょうちん(提灯)代」の表書き。
・僧侶へのお礼…「御布施」の表書き。
・僧侶に渡す交通費…「御車代」、「御足衣料」の表書き。

などを使用します。

初盆のお供え物には、故人が好んでいた物、
お菓子嗜好品、果物などを持って行くと喜ばれます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

故人を偲び、親戚縁者で精進料理を囲み、
故人の思い出を肴に酒をかわす。

そうすることが一番の供養になると思いますよ。

Pocket

[イベント]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ