> お盆の期間はいつ?お供え物は?迎え火と送り火のやり方は? | トレンド速報ニュース

お盆の期間はいつ?お供え物は?迎え火と送り火のやり方は?

Pocket

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
お盆はいつ?

ご先祖様の霊を一年に一度、
住み慣れた家に招き、
家族とひと時を過ごして、帰ってもらう。

日本古来の風習ですが、
正確なお盆の期間はもとより、
お盆のお供え物迎え火送り火のやり方を知っていますか?

Sponsored Link

お盆の期間はいつ?

一般的なお盆の期間は、
8月13日~8月16日までの4日間。

この時期のお盆は、
月遅れのお盆といい、現在では旧盆と呼んでいます。

地域によっては7月に行ったり、
沖縄では、旧暦の日付で行うため、毎年日付が変わったりと、
実はお盆の時期はややこしかったりします。

なぜこんなにもお盆の時期が違うのか?

これは新暦が採用された明治時代、
今まで旧暦(7月15日)で行なっていたお盆の時期を統一せず、
地方により異なった時期にお盆が行われていったためです。

結果として、現在のお盆は3パターンあります。

・旧暦の7月15日(伝統通りのお盆。年度で日付が変わる)
・新暦の7月15日(明治の新暦採用により、一部地方で行われている)
・新暦の8月15日(月遅れのお盆。一般的なお盆)

これらの日付に合わせたその前後が、
お盆の時期となります。

お盆2

お盆のお供え物は何がいい?

ご先祖様が仏壇に戻って来ているお盆。

普段、お供えしているものでも十分ですが、
それにプラスしてお盆ならではのお供え物をしてみませんか?

・仏花
花びらの付いている蓮の花をお供えしましょう。
連の花びらを船にして、ご先祖様が帰って行きます。

・盆菓子
砂糖で作っているお菓子のこと。
市販の盆菓子で構いません。

盆菓子

・丸い果物
この時期なら、冷えたスイカが一番いいでしょう。
他にもメロン、桃、ミカンなど切らずにお供えしましょう。

スイカ

・お菓子
お煎餅やつまみなど、
お盆が終わった後に、家族で食べられるお菓子をお供えしましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

・飲料
お酒、ジュースなどなんでもいいです。

酒

・惣菜
カボチャ、ヘチマ、ソーメンなど、
夏の野菜を使った食品を供えてあげてください。

カボチャ

・ウチワのお菓子
ウチワの形をしたふ菓子。
関西ではお盆に販売している店が多いようです。

ウチワ

・お団子
おはぎ、みたらし団子、大福など、
なんでもいいです。

団子

以上がお盆にお供えする物になります。

中には腐りやすいものもあるので、
1時間くらいでこまめに取り替えてあげましょう。

お盆の迎え火と送り火のやり方は?

最近は見なくなった迎え火送り火ですが、
いつ、どういう風にやるのか?

これも地方によってやり方は様々ですが、
一般的なやり方を紹介します。

・迎え火
盆の入りである13日に、お寺に提灯を持っていき、
お経を唱えてもらってから提灯に火を灯します。

その火を消さないように、持ち帰り、
仏壇のロウソクに提灯の火をつけます。

これが「迎え火」です。

お寺ではなくお墓に迎えに行く場合もあります。

・送り火
お盆の最終日、16日に、
ご先祖様が帰れるように、
キュウリやナスに割り箸を刺して、馬を作ります。

庭先、もしくは門口で藁を焚き、
一緒に馬も焼きます。

そうすることで、天高く昇る煙と一緒に、
ご先祖様があの世に帰っていきます。

一年後の再会を祈りながら見送りましょう。

Sponsored Link

お盆の習わしまとめ

今回は一般的なお盆の習わしを紹介しました。

ただ、地方やご家庭によって、
先祖代々受け継いできたやり方、風習があるのも事実です。

そいういったやり方がある場合は、
そちらを優先しましょう。

古くからの風習に従って、ご先祖様をお迎えしたほうが、
気持よく帰ってもらえるはずです。

ご先祖様の霊に感謝しつつ、
この一年を無事に過ごせるようにお祈りしましょう。

Pocket

[イベント]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ