> 暑中お見舞い出す時期はいつ?書き方例文紹介!喪中でも大丈夫? | トレンド速報ニュース

暑中お見舞い出す時期はいつ?書き方例文紹介!喪中でも大丈夫?

Pocket

暑中お見舞い
夏の暑さが身にしみるこの時期に、
初夏の挨拶と近況報告を兼ねて相手に送る暑中お見舞い

日本人らしい風習でもある、暑中お見舞いですが、
いざ書くとなると、なかなかどうして、
どう書いていいのかわからないですよね?

またいつまでに出せばいいのか?
という疑問も出てきます。

そんな暑中お見舞いに関する疑問を調べてみました。

Sponsored Link

暑中お見舞いを出す時期はいつ?

暑中お見舞いはいつ出せばいいのか?

これは、暦の上では、
立夏(5月5日)~立秋(8月7日)
までに出せばいいとなっていますが、
さすがに立夏の時期に出すには早すぎます。

ですので小暑(7月7日)~立秋までの間、
梅雨が開けた後に出すのが良いとされています。

そうすると、実際に出す時期というのは、
7月中旬~立秋までがベストのタイミングと言えます。

この間に相手に届かないと意味が無いので、
7月中に暑中お見舞いを出しておきたいですね。

因みに、立秋を過ぎてしまうと、
暦の上では秋になるので、
残暑お見舞いとなってしまいます。

こちらは、8月下旬~9月上旬が出すタイミングです。

Sponsored Link

暑中お見舞いの書き方は?

暑中お見舞いはハガキで出すので、
そんなに多くの文章を書かなくてもいいですし、
そんなに形式張って書く必要もないです。

いくつかのポイントを押さえて、
相手の立場に合わせて、
文脈を変えていけばいいでしょう。

基本は縦書で書くのがマナーです。

・季節の挨拶を書く
「暑中お見舞い申し上げます。」

これが定番です。
相手に応じて、無理に変える必要もないでしょう。

・時候の挨拶
「厳しい暑さが続いておりますが、いかがお過ごしでございましょうか。」
「連日の猛暑にもめげず、お変わりなくお過ごしのことと存じます。」
「連日猛暑が続いておりますが、ご家族の皆様にはお元気でお過ごしのことと存じます。」

皆様の部分を、「〇〇さん」「〇〇先生」などに置き換えて使用するのもいいでしょう。

・自分の近況報告
「私どもは家族一同、いたって元気に過ごしております。」
「日頃はひとかたならぬお引立てにあずかり厚くお礼申し上げます。」
「当地は多少過ごしやすいですから遊びにおいでください。」

この近況部分は、相手によって書く内容が変わってくる所です。

例えば、上司から重要な仕事を任されたのであれば、
その御礼と、今後の抱負などを盛り込むとか。

お世話になった恩師であれば、
なかなか会えないことのお詫びと、
今後、いつ頃挨拶に伺えそうだとか。

簡潔かつ軽快な内容で伝えるようにしましょう。

・相手の健康の気遣い
「まだまだ暑さも続きますので、お体にお気をつけてお過ごしください。」
「酷暑の折から、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。」
「寝苦しい夜が続きます。夏風邪には十分にご注意ください。」
・結び
平成〇〇年 盛夏
平成〇〇年 ○月

以上が暑中お見舞いの書き方の例文です。
「拝啓」「敬具」などは必要ありません。

出来れば、”手書き”で出したいですね。

手書き

喪中でも暑中お見舞いは出してもいい?

年賀状は喪中の家には出しませんが、
暑中お見舞いなどは出しても大丈夫です。

暑中お見舞いは「見舞い状」ですので、
”おめでとう”といった、祝いの言葉を用いなければ、
出しても構いません。

ただ、人によっては差し控える場合もあるようです。

相手を労る言葉を強調するなどして、
少し変えて出してみてはいかがでしょうか?

喪

いかがでしょうか?

そんなに難しいものでもないので、
今年はお世話になった人に出してみては?

暑中お見舞いを受け取ったら、
必ず礼状を出しましょう。

一言御礼の言葉を添えるだけで、
送った相手も嬉しくなりますよ。

Pocket

[雑学・知恵袋]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ