> ハロウィンパーティー!仮装する意味は?かぼちゃの由来は? | トレンド速報ニュース

ハロウィンパーティー!仮装する意味は?かぼちゃの由来は?

Pocket

ハロウィン
日本でも馴染みが深くなりつつある、
「ハロウィンパーティー」

アメリカでは年に一回の風習として、子供たちが仮装し、
各家庭を訪問してお菓子をもらっています。

ハロウィンといえば、かぼちゃも印象深いですよね。

ナゼかぼちゃなのか?
ナゼ仮装するのか?
その意味を知っていますか?

Sponsored Link

ハロウィンとは?

10月31日に行われるハロウィンパーティー

ナゼこの日にハロウィンが行われるようになったのでしょうか?

由来は紀元前にまでさかのぼります。

アイルランドに住んでいた、
古代ケルト人の大晦日が10月31日で、
その時に行われていた儀式が起源とされています。

古代ケルト人は、新年と、長い冬を迎えるにあたり、
その年の収穫を祝い、
悪魔や魔性を追い払う祭りを行なっていました。

10月31日は日本で言う大晦日にあたる日で、
亡くなった人達の魂が、この世に帰ってくる日でした。

同時に、悪魔たちもやってきて、
悪さをすると考えられていたようです。

その悪さから逃れようと、
盛大な祭りを行なっていました。

その祭りが、やがて、
キリスト教の前夜祭と融合し、
ハロウィンとなっていったようです。

Sponsored Link

ハロウィンで仮装をする意味は?

ハロウィンの風物詩として”仮装”があります。

あの仮装にも実は意味があります。

古代ケルト人にとって、
大晦日(10月31日)は、
魔物がやってくる日でした。

地上をさまよい歩き悪さをする魔物を恐れて、
魔物と同じ格好をするようになりました。

「同じ魔物で、人間ではなく仲間ですよ」とアピールすることで、
難を逃れようとしたのです。

これが仮装の始まりと言われています。

お菓子を上げる風習も、
家の中に魔物が入ってきたら困るので、
ご機嫌よく帰ってもらうためにお菓子をあげるようになりました。

ハロウィンのかぼちゃの由来は?

仮装と並んで、
ハロウィンのもう一つの風物詩、”黄色いかぼちゃ”

中身を繰り抜いて、オバケの顔をして、
中にロウソクの火を灯されている「アレ」は、
ジャックランタン(Jack-o’-Lantern)と言います。

その由来には、一人の男が関係しています。

昔々、ジャックというケチで乱暴者で、
自分勝手な男がいました。

ある10月31日。
ジャックが酒場で酒場で飲んでいると、
悪魔がジャックの魂を奪いにやってきました。

ジャックは魂を取られないために、
悪魔をだまし、「魂を取らない」と約束させました。

やがてジャックも息を引き取る日がきましたが、
日頃の行いが悪いため、天国には行けず、
地獄に行きました。

そこにはジャックの魂を奪いに来た悪魔がいて、
「約束通り、お前の魂は取らない。だから地獄にも入れない。」
と言われました。

行き場を失ったジャックの魂は、
この世とあの世の間の暗い闇の中を、
ランタンの火だけを頼りに
今もさまよい歩き続けています・・・

この時にジャックが手にしていたランタンは、
カブの中身を繰り抜いたものでした。

アメリカに伝わってきた際に、
カブが一般的ではなかったために、
かぼちゃを代用して作ることになりました。

あの黄色いかぼちゃが、食用には適していないこともあり、
今ではかぼちゃが有名になったと言われています。

かぼちゃ

仮装とかぼちゃと、
別々の由来から来ているのが面白いハロウィン。

ジャックのことを忘れないためにも、
めいっぱいハロウィンを楽しみましょう!

Trick or treat, trick or treat!

Pocket

[イベント]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ