> 敬老の日はいつ?その由来は?喜ばれるプレゼントの人気商品は? | トレンド速報ニュース

敬老の日はいつ?その由来は?喜ばれるプレゼントの人気商品は?

Pocket

敬老
長年に渡り、社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う日、
「敬老の日」

国民の祝日として制定されていますが、
いつの日か知っていますか?

また、敬老の日の由来は?
贈って喜ばれるプレゼントは?

Sponsored Link

敬老の日はいつ?

敬老の日は、
2003年(平成15年)より、
9月の第3月曜日になりました。

それまでは9月15日を敬老の日として、
毎年祝日としてきましたが、
ハッピーマンデー制度の導入により、
移動することになりました。

ハッピーマンデー制度とは、
土曜日、日曜日と合わせて、
月曜日を祝日とすることで、
3連休の余暇を楽しんでもらおうという制度です。

敬老の日を移動させるさいには、
高齢者団体からの反発が相次いだため、
9月15日を「老人の日」として、
1周間を老人週間としました。

Sponsored Link

敬老の日の由来

老人を敬愛し、長寿を祝う祝日、
敬老の日

その由来ですが、2つの説があるようです。

1.聖徳太子説
聖徳太子が、大阪に四天王寺を建てた時に、
その四天王に合わせ、
敬田院・ 悲田院・施薬院・療病院の四箇院を設置したと言われています。

その内の悲田院(ひでんいん)が、
今で言う老人ホームのような施設で、
この悲田院ができたのが9月15日

それにちなんで9月15日を敬老の日としたそうです。

2.養老の滝説
これは「養老」という年号が制定された経緯に絡む話で、
美輪の国にお酒の好きなおじいさんと、親孝行な息子がいました。

息子は木こりをしていましたが、
貧乏なので、おじいさんにあまりお酒を飲ませてあげる事が出来ませんでした。

ある時、足を滑らせて谷間に落ちたところ、
そこに酒の流れる滝を発見しました。

喜んだ息子は、その酒を持ち帰り、
おじいさんに、たくさんお酒を飲ませてあげました。

そのことを伝え聞いた元正天皇(げんしょうてんのう)は、
9月にその地におもむき、木こりに役職を与えました。

これを発端にして、11月17日、年号を「養老」に改めたそうです。

この故事に基づき、9月中旬頃に、
全国的に地域の老人を招待して、敬老会を開くことが行われていました。

そこで、9月15日を敬老の日として定めたというものです。

2つの説とも、確かな確証はありません。
どちらも老人を大切にする気持ちが始まりのようです。

?????????

敬老の日に喜ばれるプレゼントは?

では、実際に敬老の日に贈って、
喜ばれるプレゼントはどんなものがあるのでしょうか?

敬老というと、やはり還暦を迎えた60歳から、と思いがちですが、
最近では「70歳ぐらいから」というアンケート結果もあるようです。
70歳以上の方に贈ることを考えてプレゼントを選びましょう。

・定番!フラワーギフト
季節の花や、ブリザード・フラワー
花を育てるのが好きな方には、
胡蝶蘭も喜ばれます。

・以外とオススメ!スウィーツギフト
いくつになっても、甘いお菓子は食べたいもの。
和菓子・洋菓子を好みに合わせて、
感謝の手紙を添えて贈ってあげましょう。

・いつまでも元気で!健康グッズ
肩こりや、腰痛、膝の痛みなど、
高齢になれば、こういった悩みを抱えている方は多いでしょう。
敬老の日に、いつまでも元気でいてほしいという気持ちを込めて、
健康グッズを贈ってあげましょう。

やはりいつまでも元気で、健康でいてほしいもの。
一番のプレゼントは、そういった気持ちを贈ってあげる事だと思いますよ。

Pocket

[イベント]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ