> 毎月1日は映画の日!お得な記念日なぜ毎月1日? | トレンド速報ニュース

毎月1日は映画の日!お得な記念日なぜ毎月1日?

Pocket

映画

毎月1日は映画の日!

この日は全国の映画館で一部の映画を除いて、
入場料が1000円になります。

映画好きにはたまらないこの記念日。
なぜ毎月1日なのか?

Sponsored Link

毎月1日は映画の日。
映画館で映画を観る人にとっては非常にありがたいこの記念日。

いったいどういう経緯で毎月1日になったのか?

1956年6月29日。
日本映画連合会の総会で12月1日を映画の日にすることが決定されました。

神戸の神戸倶楽部で、
1986年(明治29年)11月25日から29日にかけて映画が一般公開。
これを日本で始めて映画が公開されたとして、
25日は中途半端だから12月1日を記念日としたのが映画の日の始まり。

当時は角界の著名人を招いたり、
パレードをしたりと盛大なセレモニーを行っていた。
また、すでに映画館の入場料割引などもサービスとして存在していた。

1980年代になり、
興行を行う側の全国興行生活衛生同業組合連合会も、
映画産業団体連合会と協力して映画館入場料の割引サービスを、
映画の日の一行事として実施し始める。

1981年。
東京都興行生活衛生同業組合が提唱して、
21都道府県、全国の映画館の3分の2にあたる約1500館が
入場料金の半額サービスを行い、初めて全国的な展開がなされた。

その結果、観客動員数が4倍、興行収入が2倍の成果を見せる。

この結果を受けて、よく1982年には6月と9月が。
その翌年、1983年には3月がサービスデーに加わる。

1980年代半ばには、
1月1日と3,6,9月の第一水曜日を「映画ファン感謝デー」として、
映画の日を加えた年5回の入場料金を割引するサービスが定着した。

1997年には、全国興行生活衛生同業組合連合会が、
それまで全国一律だった映画サービスデーを12月1日のみにし、
それ以外のサービスデーを各支部が自由に決めれるようにした。

これを受けて1990年代以降では、
ほとんどの地域で、毎月1日を「映画サービスデー」として、
入場料の割引を行うようになる。

こうして毎月1日が映画の日として定着していった。

Sponsored Link

通常1800円する入場料が、
一部の3D映画などを除いて1000円で観れる映画の日。

いつもはあまり観ない映画でも、
この日はちょっと観てみようと思う。

最近はすぐにレンタル化され、
家庭でも、高画質、大画面、大音量の環境が作れるようになってきたが、
それでも映画館で観る迫力にはまだまだ遠く及ばない。

普段映画館に足を運ばない人も、
この映画の日ぐらいは足を運んでみてはいかがですか?

Pocket

[エンタメ]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ