> 七五三はいつ?早生まれの子は数え年と満年齢どっち? | トレンド速報ニュース

七五三はいつ?早生まれの子は数え年と満年齢どっち?

Pocket

七五三

お子さんの晴れ姿を拝める七五三
この日のために早くから準備をされる親御さんも多いでしょう。

早生まれのお子さんを持っている方は、
今年やればいいのか?来年やればいいのか?
で、迷われると思います。

早生まれのお子さんは七五三をいつやるべきなのか?
調べてみました。

Sponsored Link

七五三とは?

そもそも七五三とは?

子供が、3歳、5歳、7歳になった時に、
成長を祝う年中行事。

由来は諸説ありますが、
江戸時代、
徳川徳松(江戸幕府第5代将軍である徳川綱吉の長男)の健康を祈って、
始まったとされる説が有力です。

3歳の時は、男女共に参加し、
5歳は男子が袴を、
7歳は女子が着物
を初めて着用する行事として行います。

七五三を行う日は毎年決まっていて、
11月15日に七五三を行います。

最近では、混雑を避けるために、
10月中旬~11月上旬の土、日、祝日で早めに済ませたり、
11月15日を過ぎてから済ませるなど、
時期を外して行うことも珍しくないです。

子供が主役なので、混雑していない神社で、
子供が機嫌よくしている姿を見るほうがいいのかもしれませんね。

Sponsored Link

早生まれの子はいつやるの?

昔は数え年を基準にして七五三を祝っていましたが、
最近では、満年齢でお祝いすることが多いようです。

・数え年…生まれた時に1歳と数える。
・満年齢…誕生日を迎えて年を数える。

ここで問題になってくるのが、
早生まれの子供です。

1月~3月に生まれた子供は、
今年やればいいのか?
来年やればいいのか?

この問題ですが、
地域や家庭の慣例で違っていたり、
周りの子達と一緒のタイミングで行ったりと、
正解はありません。

どっちでもいいです。

と言ってしまうと元も子もないので、
調べた限りでの目安を紹介します。

3歳の時の七五三ですが、
数え年だと2歳半とまだ小さいので、
無理をさせないで翌年に回す方が多いようです。

長時間の参拝や、写真撮影に耐えられなかったりと、
満3歳でも大変みたいですね。

それだったら、無理に早めにやらなくても、
翌年に回して、子供が成長した姿を収めたほうがいいということです。

5歳、7歳の七五三に関しては、
地域、家庭の慣例や、周りに合わせて祝うことが多いですね。

子供も成長していますし、
そこまで神経質にならなくてもいいようです。

七五三1

七五三の主役はあくまで子供です。

子供が成長した時に、
いい思い出となるようにするのが、
一番の祝い事だと思いますよ。

Pocket

[イベント]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ