> 七夕祭り!その由来と意味は?願い事が叶う短冊の書き方とは! | トレンド速報ニュース

七夕祭り!その由来と意味は?願い事が叶う短冊の書き方とは!

Pocket

七夕
7月7日は七夕ですよね。

織姫と彦星が、
年に一度だけ天の川を挟んで出会える日ということで、
笹の葉に願い事を書いた短冊をくくりつけます。

日本人にとって馴染み深い行事ですが、
その由来や意味を知っていますか?

Sponsored Link

七夕の由来は?

七夕の由来は、実は3つあると言われており、
織姫と彦星伝説もその中の一つです。

1.棚機女の行事
古来より日本では「棚機女(たなばたつめ)」と呼ばれる、
禊(みそぎ)の行事が行われていました。

お盆の前に行われることから、
先祖の霊を祭る前の禊の行事だと言われています。

7月6日に選ばれた乙女は、
清い水辺にある「機屋(はたや)」にこもって、
神様のために心を込めて着物を織ります。

そして、翌日の7日の夕方に禊をします。

この行事が7月7日の夕方に行われるため、
「棚機」から「七夕」に変わったと言われています。

2.織姫と彦星伝説
これが一番メジャーな由来だと思います。

琴座のベガは織女(しゅくじょ)星と呼ばれ、裁縫の仕事を司ったおり、
わし座のアルタイルは牽牛(けんぎゅう)星と呼ばれ、農業の仕事を司っています。

この2つの星が旧暦の7月7日に天の川を挟んで最も輝くため、
年に一度の巡り合いの日と考え、
七夕ストーリーが考えられたと言われています。

七夕1

3.乞巧奠(きこうでん)
古代中国の宮廷行事で、
7月7日に織女(しゅくじょ)星にあやかって、
はた織や書道、お裁縫などが上達するようにと、
お祈りする風習から生まれました。

祭壇に針や糸を供える風習もあったようです。

Sponsored Link

短冊の意味は?

笹につける飾りには、一つ一つ意味があります。

・紙衣
棚機女が神様に捧げた着物ということから、七夕竹の一番上に飾ります。
病気災害を除く身代わりとして、
また裁縫や手芸が上達するように願った飾りです。

・投網
魚を捕る網で豊漁や豊作を願った飾りです。

・くずかご
飾りを作ったあとの紙くずを入れて、
清潔と節約の心がけを養う飾り。

・短冊
短冊に字を書いて学問や書道の上達を願った飾り。
中国の五行説から、
赤、青、黄、白、黒が用いられていましたが、
現在は、青、赤、黄、白、浅黄、紫が一般的になりました。

・吹流し
織姫の糸をあらわし、
長寿を願った飾り1本づつ笹につけます。
最近は、くすだまにたくさん吹き流しをつけることも多くなりました。

・巾着
昔のお財布で、
節約と貯蓄の心を養う意味と商売繁盛を願う飾りです。

・折鶴
家の長者の年の数だけ折り、家族の長寿を願う飾りです。

こうして意味がわかってくると、
キチンと作りたくなってきますね。

意味

願い事が叶う短冊の書き方は?

七夕といえば、
短冊に願い事を書きますよね?

もし、その書いた願い事が叶う書き方があったとしたら、
どうしますか?

実はちょっとしたことで、
この願い事が叶うようになる短冊の書き方があります。

それは、
「~になりますように」
と書くのではなく、
「~になる」と断言すると、
よほど無茶なものでない限りは叶います。

「~になる」と断言することによって、
その願いを叶えようと、無意識のうちに自分の行動が変わっていくそうです。

結局、他人に頼っているだけでは、
何も変わらないということですね。

あなたも今年はぜひ「~になる」と断言した願い事をしましょう。
そうするだけで、その願い事が叶う可能性が高くなりますよ。

no-7606 七夕短冊 こより一体型(60枚)

no-7606 七夕短冊 こより一体型(60枚)
価格:525円(税込、送料別)

Pocket

[お祭り, イベント]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ