> 太陽光発電のメリットとデメリットは?補助金制度の今後は? | トレンド速報ニュース

太陽光発電のメリットとデメリットは?補助金制度の今後は?

Pocket

太陽光
いま注目されている最大の家電システムといえば、
太陽光発電でしょう。

ソーラーパネルを自宅の屋根に設置することで、
家庭で発電し、余った電気を売ることができる、
正に夢の様なシステムです。

注目の太陽光発電。
そのメリットとデメリットは?

Sponsored Link

太陽光発電の仕組みは?

なぜ太陽の光で電気を発電することができるのでしょうか?

これは半導体に光を当てると、
電流を発生する「光電効果」というのを利用しています。

ソーラーパネル=太陽電池モジュールは、
「光電効果」で発電して、直流の電気を送ります。

パワーコンディショナーで直流の電気を交流に変換することで、
家庭用電気として初めて利用できるようになります。

・売電の仕組み
太陽光発電の最大の特徴といえば、
この売電でしょう。

電気が高いところから低いところへ流れる性質を利用しており、
通常100vの商用電圧に対して、
パワーコンディショナーの電圧を107vに設定することで、
余剰分の電気を電力会社に送り、売電が成立します。

Sponsored Link

太陽光発電のメリットとデメリットは?

エコが叫ばれる中、
家庭で太陽の光を利用して電気を作る太陽光発電は、
今、最も推進されているシステムとなっています。

その太陽光発電のメリットとデメリットを見てみましょう。

・メリット

1.電気代の節約
当たり前ですが、最も大きいメリットですね。
自宅で発電した電気を使用出来るので、
電気代がかなり節約出来ます。

2.売電できる
余った電気を10年保証で、決まった値段で売ることがでるので、
節電すればするほどお得に生活出来ます。

3.非常用電気として使える
震災などで電気が止まっても、
太陽光発電で電気を賄うことができます。

・デメリット

1.設置にお金がかかる
設置面積にもよりますが、軽く数百万円かかります。
今は、補助金制度があるとはいえ、高額な買い物に違いはありません。
10年前後で元が取れると言われています。

2.季節によって発電量が変化する
どうしようもないことですが、
日照時間の短い冬などは、発電効率が落ちてしまいます。

3.維持費がかかる
メーカーによって保証内容は変わりますが、
1年毎の定期点検にお金がかかったり、
設置したソーラーパネルの取り替えなどで費用がかかります。

パネル

太陽光発電の今後は?補助金制度は?

最も気になるのが太陽光発電の今後です。

今は補助金制度が利用できますが、
2014年にはこの補助金が無くなると言われています。

売電にしても、25年度では1kw38円と今年の42円から値下がりします。

これは太陽光発電が普及すればするほど顕著になっていくといわれています。
その分、設置コストも下がっていくと思われるので、
設置条件や日照条件などが、今後の課題として出てきそうです。

いずれにしても高額な買い物になるのは間違いありません。
しっかりとした下調べと見積をして、
設置コストに見合うかどうかを見極めるのが、最も重要なことだと思います。

見積もりはコチラ↓
【無料・最安】価格.comの太陽光発電一括見積り!複数社の見積りを比較!

Pocket

[雑学・知恵袋]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ