> 土用の丑の日とは?いつ?意味は?うなぎを食べる由来は?二の丑? | トレンド速報ニュース

土用の丑の日とは?いつ?意味は?うなぎを食べる由来は?二の丑?

Pocket

丑の日
夏のスタミナ料理といえば、うなぎですよね。

うなぎといえば土用の丑の日
今年は7月22日と8月3日の二回あります。

一体いつからうなぎを食べる習慣になったのでしょうか?
また、土用の丑の日の意味とは?

Sponsored Link

土用の丑の日とは?

土用の間の内、十二支が丑の日ということ。

はい。全く意味がわかりませんよね。

では一つ一つ意味を解説していきましょう。

・土用とは?
元々は四字熟語の”土旺用事”が略されたもので、
土の気が旺(さかん)になった状態で物事を処理するという意味です。

古代中国の五行思想がベースになっていて、
全てのものは「木、火、土、金、水」の5種類の元素から成り立っているという考え方です。

これを四季に当てはめて、
春=木気、夏=火、秋=金、冬=水とすると、
「土」が余ってしまいます。

そこで「土」というのは季節の変わり目だとこじつけて、
各季節ごとの最後の18日~19日を「土用」としました。

これから次の季節に移り変わるので、
その準備をしましょうよ。というのが「土用」です。

つまり「土用」は年4回あるということです。

五行

・丑の日とは?
丑とは十二支の丑のこと。
かつては1日ごと、時間ごとに十二支が当てはめられ、
18日ある「土用」の間に丑が当てはまった日が「丑の日」ということです。

18日に対して、十二支しかいないので、
当然、2回丑の日が来ることがあります。

この2回目の丑の日のことを「二の丑」と呼びます。

今年2013年は7月22日と8月3日と2回あります。

Sponsored Link

うなぎを食べる習慣はいつから?

土用の丑の日といえば「うなぎ」
このうなぎを食べるようになった由来はあるのでしょうか?

元々は、「う」の付く食べ物を食べると、夏負けをしない。
という風習があったようで、
夏バテ防止のために、スタミナのつく食べ物、
馬肉や牛肉、梅干し、瓜などを食べていたようです。

今では殆ど見られなくなりましたが、
うなぎを食べる習慣が始まったのは江戸時代からと言われています。

由来は諸説ありますが、
有名なところでは平賀源内が発案したという説です。

夏にうなぎが売れないと相談された平賀源内が、
「本日、土用の丑の日」と店先に宣伝文句を出すことを提案。

この宣伝文句は大ヒットして、うなぎ屋は大繁盛。
それを見た他のうなぎ屋も真似をして、
土用の丑の日にうなぎを食べる習慣になったそうです。

うなぎ

うなぎを食べる習慣が、
実は江戸時代から始まっていたという土用の丑の日。

江戸の町の商いたちも、
この日ばかりはうなぎを食べて、
日頃のつかれを労っていたのかもしれませんね。

Pocket

[雑学・知恵袋]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ