> 亜鉛サプリメントの危険性!亜鉛の過剰摂取による副作用とは!? | トレンド速報ニュース

亜鉛サプリメントの危険性!亜鉛の過剰摂取による副作用とは!?

Pocket

亜鉛
体内に貯蔵することができず、
食べ物からでしか摂取することができない亜鉛

新陳代謝や、子供の発育、育毛促進など、
多岐にわたって効能を発揮してくれている亜鉛。

その亜鉛の過剰摂取による副作用とは?

Sponsored Link

亜鉛の効果は?

そもそも亜鉛は、
なぜ様々な効能を発揮してくれるのでしょうか?

亜鉛は主に、細胞分裂に深く関わっている、重要なミネラルで、
特に新陳代謝が活発で、細胞分裂が盛んな年齢の時ほど、
亜鉛の必要量が多くなってきます。

・胎児の成長
・アルコールの分解
・免疫力を高める
・血糖値を下げる
・子供の健康な発育

などなど色々な影響を与えています。

この亜鉛は貯蔵することができないので、
亜鉛を多く含む食べ物で補うことになります。

肉類、卵、のり、白米、納豆、ブロッコリー、レバー、牡蠣など、
亜鉛を多く含む食べ物はたくさんあります。

Sponsored Link

亜鉛不足による症状はどんなもの?

この亜鉛が不足してしまうと、
亜鉛欠乏症になってしまいます。

亜鉛欠乏症で最初に現れる症状が、
「味覚障害」です。

その他にも、肌の乾燥やシミ、シワ、脱毛、爪の異常、免疫力の低下など、
様々な症状が出てきます。

亜鉛の1日の摂取量は18歳~69歳の男性で9mg。女性で7mg。
平均摂取量が8.9mg~9.2mgとなっています。

普通に食生活をしているぶんには、
亜鉛欠乏症になることはほぼないですが、
忙しい日本人です。なかなか食を取れないという方も出てきます。

そこで登場したのがサプリメント

今や市場規模が6000億円を越えているそうで、
巷に溢れかえっています。

亜鉛の過剰摂取による副作用は?

このサプリメントも適切に使用するぶんには問題ないですが、
長期間、継続して過剰摂取した場合には、
副作用が出る危険性があります。

・頭痛、発熱、嘔吐
・倦怠感
・脱水症状
・腎臓の障害

などが引き起こされます。

また、”銅”の吸収率が低下するという副作用も出てきます。

これは亜鉛が銅の吸収を妨げたり、排出したりすることで、
貧血などの症状を引き起こしてしまいます。

亜鉛を一時的に大量に摂取した場合(1日2000mg以上)、
急性中毒の危険性があります。

キチンと用量を守っていれば、このような副作用は出て来ません。

笑顔

お手軽に摂取できるサプリメントだからこそ、
過剰摂取による副作用が出てくるとも言えます。

1日15mg程度。2ヶ月も摂取すれば、
亜鉛不足は十分に解消されます。

お手軽に入手できるサプリメントだからこそ、
キチンとした使用法で、不足分を補ってあげましょう。

Pocket

[美容・健康・医学]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ