> 熱中症の予防と対策!脱水症状予防ドリンク経口補水液の作り方! | トレンド速報ニュース

熱中症の予防と対策!脱水症状予防ドリンク経口補水液の作り方!

Pocket

熱中症
暑い暑い夏の季節。
天気がいいのはいいことですが、
そこで心配になってくるのが、熱中症

都会では、フェーン現象によって、
よけいに熱中症にかかりやすくなっています。

そこで、熱中症の予防と対策、
脱水症状を予防する、経口補水液の作り方を調べてみました。

Sponsored Link

熱中症とは?

そもそも熱中症とはどいう言った症状なんでしょうか?

熱中症を専門的に解説すると、

「熱い環境下にさらさる。あるいは運動などによって、
体の中で、大量の熱を作るような条件下で発症し、
体温を維持するための生理的な活動ができず、
全身の機器が機能不全に至るまでの、継続的な病態」

となります。

ちょっと難しいので、もっと簡単に説明すると、
体温調節ができなくなる状態のことを言います。

人間は普段、皮膚から熱を放出して、体温を調節しています。
それができない場合は、汗を流して、その汗が蒸発する際の気化熱を利用します。

熱中症とは、この体温調節が十分にできなくなり体温が上昇してしまう機能障害と言えます。

普通、熱中症は、炎天下の外で起こると思われていますが、
室内でも十分に起こりえます。
節電でエアコンを使用せず、熱中症になるケースが最近では多いですね。

また、熱い環境下だけではなく、
条件によっては寒い環境でも熱中症になる場合があります。

Sponsored Link

すぐに出来る熱中症対策!

そんな熱中症ですが、普段から十分に対策をしていれば予防できます。

・体調を整える

睡眠不足や、風邪気味など、体調が思わしくない時には、
熱い日中の外出は控えるなどしましょう。

・服装に注意!

通気性よい服装を心がけましょう。
服の色は白を基調としたものがいいようです。
また、帽子を被るのも有効な手段です。

・こまめに水分補給

のどが渇いたと思った時には、
もう既にかなりの水分不足になっています。

定期的に水分を補給し、汗を多くかいているなら、
スポーツドリンクを中心に塩分補給も同時に行いましょう。

・年齢も考慮に

例年、熱中症にかかりやすいのは、
発育途中の子供や、体力が衰えはじめた高齢者です。
十分に意識して、予防・対策をしていきましょう。

熱中症1

これらの対策をしても、熱中症だと感じたなら、
応急措置として、

・涼しい場所に移動する
・衣類を緩めて休む
・体を冷やす
・水分を補給する

を行いましょう。
症状が改善されない場合は、すぐに病院に行きましょう。

家庭で簡単にできる!「経口補水液」の作り方

水分補給は同時に塩分も摂ることが重要となってきます。
そこで、家庭で簡単に作れる「経口補水液」の作り方を紹介します。

1.湯冷まし1リットルに対し、食塩3g(小さじ1/2杯)、
砂糖40g(大さじ4杯と1/2杯)を入れよく溶かします。

2.おこのみで、レモンや、グレープフルーツを入れると、
飲みやすくなり、カリウムの補給にもなります。

傾向

経口補水液は市販もされているので、
海水浴やレジャーに行く時など、
何本かまとめて持って行くといいかもしれません。

経口補水液をお求めはコチラ!

Pocket

[美容・健康・医学]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ