> 混合診療とは?禁止の理由は?解禁によるメリットとデメリットは? | トレンド速報ニュース

混合診療とは?禁止の理由は?解禁によるメリットとデメリットは?

Pocket

混合
今さかんに議論されている話題の一つに、
「混合診療」があります。

アベノミクス効果で、解禁になるのではと言われている「混合診療」。

では、「混合診療」とは一体どういうものなのか?
なぜ今まで禁止されていたのか?
解禁されることによる、メリットとデメリットは?

Sponsored Link

混合診療とは?

そもそも混合診療とは何なのか?

簡単にいえば、保険が適用される診療と、
保険が適用されない診療とを併用して行うこと。

つまり、保険が適用されるものは健康保険で賄い、
保険が適用されない診療に関しては患者が自己負担するシステムのこと。

現在の日本では、この混合診療は原則として禁止されています。

なぜ禁止されているのか?

その理由として、「国民皆保険制度」が上げられます。

これは、国民は常に平等な医療を受けれれる制度であり、
混合診療を認めると、自己負担額を賄える裕福な層と、
保険が適用される医療しか受けられない層と別れてしまいます。

つまり、医療格差が生まれてしまうわけです。

Sponsored Link

他にも、医療の質の問題
(安全性が確保されていない、悪質な医療の増加。副作用や医療事故の増加。)、
医療費負担増加の問題
(健康被害が発生した場合、国民医療費が増え、国家財政難になる。)
などから、混合診療は禁止されてきました。

混合

このようなデメリットが混合診療にはありますが、
解禁された場合、どんなメリットがあるのでしょうか?

解禁された時の一番のメリットは、
患者にとって、診療を受ける幅が広がることです。

一部を保険で補いながら、
最先端技術の治療を受けられることになります。
それによって、より効果的な治療を受けられることができます。

また、意欲的な医師たちにより、
より多くの最先端治療が取り入れられ、
医療の発達につながるとも言われています。

これだけ聞くと、メリットのほうが大きいと思いますが、
それでも反対されているのには、裏の事情があるようです。

混合診療が解禁されることによって、
一番起こりうる問題が、
医療費の削減です。

どういうことかというと、
今まで健康保険が適用されていた医療も、
混合診療にしてしまえば、医療費の国庫負担が減るというわけです。

保険適用診療の縮小が行われる可能性があるということです。

さらに恐ろしいことに、
一度、保険適用から外れたもの
もしくは、保険が適用されない最先端の医療が、
保険適用診療になることはほぼ無いと言われています。

ここが混合診療が解禁された場合の怖いところであり、ポイントでもあります。

混合1

政府の陰謀が見え隠れする混合診療制度。
それでもあなたは、混合診療に賛成しますか?

Pocket

[雑学・知恵袋]

Sponsored Link

あなたにおすすめの記事はこちら!

このページの先頭へ